gf0240039759l

 

車内では意外と収納に困るものです。特につりさげる部分などがないため、携帯電話、小物類、アクセサリ、などのつりさげに困ったときは、シートフックが便利です。手荷物をつりさげるタイプから、吸盤状になっていてガラスにつけることができる小物タイプまで様々で用途に合わせて活用することをお勧めします。車内の移動などのときには、つりさげておくことで、余計な負担も発生しませんし、安心して活用することができるなど、非常に利便性に優れています。カー用品のショップやインターネットのショップで購入することができます。

 

手荷物タイプのシートフックはおおよそ5キロ程度の荷物をつりさげることができるので、移動などのときに不便しません。使い方は簡単で、シートの後部座席や乗っていない助手席のヘッドレスト部分に設置して使用します。このため、ヘッドレストが一体型のタイプでは使用できないこともあるので購入前に確認しておくことをお勧めします。吸盤式のシートフックは重量に制限があるため、小物類の収納には適していますが、吸盤から落下してしまう危険があるので、運転席付近での利用は万一、走行の邪魔になってしまうこともあるのでオススメできません。用途に分けて使いこなしてみてください。