» 未分類のブログ記事

怪我の無い様に注意

| 未分類 |

 

gf0240073299l

 

 

シートフックなのですが、物によっては設置しているところに座ると痛い場合がありますので注意してください。まあ、痛いと言ってもフック部分が背中に当たるということになりますので、位置を移動したりフックを取り外したりすれば問題は解決することができるでしょう。しかし、その行動をしていないと相当座っている人は辛いので注意しましょう。シートフックによっては、座る人側にフックを取り付ける場合がありますね。この状態でそこに人が座ると肩や首当たりにそれが来て結構痛いでしょう。ただ、それがすぐに気がつかないということがありますので注意してください。特にそれに気が付かないでそのまま運転、運転のGで食い込むとかなり痛い場合があります。そのような状態で事故を起こすとさらなる被害がありますので、本当に注意をしてください。また、かなり発生確率は少ないですがネックレスなどにフックが引っかかり気づかないまま立ったり、シートからずり落ちたりすると非常に危険です。首吊りになる場合もありますし、場合によってはネックレスによって切断という恐ろしいことがありますので注意しましょう。故に、シートフックの取り扱いには注意をしてください。

車の便利グッズ

| 未分類 |

 

 

車に取り付けることで、便利になるグッズというのはいろいろなものが登場していますよね。車というのは生活をするうえで必要不可欠なものになりつつあります。そういったときに車をより便利に使えたほうがとてもお得なのです。では今ではどんなグッズがあるのでしょうか。たとえば、最近話題になっているものとして知られているのがシートフックです。これは車のシートに着けておくだけで袋などをかけておくことができるというものになっています。何か買い物などをしたときに袋をそのまま座席に置くというのは少し危ないですよね。そのまま置くことができないものというのも色々あると思います。そういったときにこのシートフックがあることで、袋をフックにかけておくことができるのです。あまり重い荷物などをかけて置くことはできないですが、コンビニなどの袋をかけておくなど普段の何気ない場面で役立つことは多いはずです。このシートフックなどのように生活に役立つ車のグッズというのはいろいろなものがあるのです。より普段の生活を快適にするためにいろいろなものを利用してみるといいのではないでしょうか。まずはどういったものがあるのかをぜひ調べてみてください。

主婦におすすめアイテム

| 未分類 |

gf0240039759l

 

より車でおでかけをする際に便利で快適なものにするには、細かいアイテムを活用するのがおすすめになります。女性がマイカーを活用する場合には、主婦として買い物に出かける事が多いでしょうが、買い物袋を後部座席に置いた場合、車の発進時や停止時に転がってしまう事があります。商品が足下に転がってしまったり、食品を駄目にしてしまったりといったように、トラブルになってしまう事があるので、出来るだけそういった事が無い様に完全策を打つ事がおすすめになります。便利なアイテムとしてはシートフックが挙げられます。これは、後部座席にフックを取り付け、そこにバッグや買い物袋を下げられる様にするアイテムです。物としてはすごく単純な物になりますが、装着しているだけでも買い物の際の快適さが全く変わってくる事になります。お子様とお出かけに行く際にも、こういったフックがある方が、荷物を車内で管理させる事もなく、助手席に乗せる事も出来るので安心して買い物を楽しむ事が出来ます。アイテム自体はそこまで高い事はなく、1000円以下で購入出来る物も多くあります。良い物の方が総重量が重くても耐えられる事が多いですので、用途に合わせてゲットする様にしましょう。

組み合わせで応用が利く

| 未分類 |

 

 

 

ドライブを快適にするカーグッズはいろいろありますが、なかでも買い物やレジャーなどで非常に便利なグッズにカーシートフックというものがあります。カーシートフックは後部座席に引っ掛けることで、カバンや傘、帽子といったものをつるすことができるカーグッズです。これを利用することで、車内で傘の置き場に困ったり、後部座席でカバンや買い物袋が倒れてしまったりすることがなくなります。また、このカーシートフックとハンガーを組み合わせることが車内に服をつるすことができるようになります。ただ、服をつるすだけならば、カーシートハンガーというシートにハンガーをワンタッチで取り付けることができるカーグッズがあるのですが、これは服をつるすことしかできないので、ようとそれに限定しないならば、カーシートフックの方がより応用が利くと言えます。このカーシートフックでもあまり重いものはつるすことができないので、重たい荷物を固定したいのであれば、トランクネットがお勧めです。トランクネットは後部座席やトランクルームにネットで荷物を固定できるものです。このように用途によって、様々なカーグッズがあるので、用途に合わせて使い分けたり、他の商品と組み合わせたりするとドライブがより快適になります。

様々な利便性がある

| 未分類 |

 

 

 

シートフックというカー用品がありますね。これを使用することで荷物などを吊るすことができるでしょう。だから、これがあることで買い物の袋を吊るして転がるのを防ぐことができますね。シートフックは、基本的にシートに設置することができます。それだけで使うことができるのですが、別に袋だけしか吊るすことが出来ないわけではないため考え方次第ではかなり便利に使うことができるのですよ。例えば、スーツなどをかけることができるでしょう。と言っても、あくまでも高さの限界がありますのでそこに注意をしないといけません。だから、結構背丈のある人は注意をしてください。他にもゴミ袋設置としても使うことができます。ただし、あまり運転が荒いとゴミ袋が反対になって大変なことになりますので注意しましょう。フックの耐久性にもよりますが、結構重いものを吊るすこともできるのでかなり便利です。ただし、安全面を考えるとあまりそういったものを吊るすことはオススメできません。だから、よく考えて吊るすものを考えましょう。ちなみに、シートフックをつけているとそこに座る人、あるいは後ろに座る人の邪魔になる場合がありますので注意です。まあ、取り外し自体がそこまで難しくないはずなので取り外しも良いでしょう。

便利な機能のグッズ

| 未分類 |

 

gf0240073299l

 

車を持っているならばより使いやすくカスタマイズしていきたいと思いますよね。車には様々な便利グッズが登場しているので、そういったものを利用することで、日々の生活などでとても役立たせることができるようになっているのです。特に最近ではいろいろなグッズが出てきているので、そういったものをまずは探してみるといいのではないでしょうか。たとえば最近話題となっているものとしてシートフックなどがあります。これは車の座席に取り付けることができるもので、袋などの様なものをかけることができるのです。何か買い物をしたときにその袋を座席に置くというのは危ないですよね。購入したものによってはおくことができないものもあります。そういったときにこのシートフックを取り付けておくことで、ある程度の荷物ならばかけておくことができるようになるというわけです。もちろん思い荷物などは載せることができないものが多いですが、ある程度の荷物ならば利用することができるので、お勧めとなっているのです。このように車に取り付けることで、車内を便利にしてくれるグッズというのはいろいろなものがあります。シートフック以外にもいろいろなものがあるので、ぜひ利用してみてください。

利用する際の注意点

| 未分類 |

 

 

 

シートフックを使用する場合に注意して欲しいのがそれを設置していることによる第二次被害です。これに注意して設置していなと大変なことになるでしょう。シートフックを使用している場合、荷物の中身に注意をしてください。フックで吊るしているだけなため、中身が何かの衝撃で落ちることがあります。そうした時に、中身が車内に散乱することがあるでしょう。だから、できるだけ散乱しないような荷物に限定することをオススメします。特に水分関係は結構厄介無いので注意です。仮にそれを吊るさないといけない場合は、一応蓋を付けることができるようにしましょう。他にも重いものに注意をしてください。フックでも耐久性によっては重みに耐えられないで落ちてしまうことがあります。それが運転中に搭乗者に衝突するようなことがあると怪我では済まないことがありますので注意しましょう。だから、あまり重いものを吊るすことをしないようにしてくださいね。ただし、その吊るしているものが何かしらの固定があればある程度は問題を解決することができます。だから、よく考えて吊るすようにしてくださいね。
このようにシートフックを使う場合は、幾つかに注意しないといけません。そうしないと被害がかなり大きなことになり大変なことになりますので注意してくださいね。

便利グッズ

| 未分類 |

 

gf0240073299l

 

粘着タイプのシートフック

 

小物類をかけておく、小さな手荷物や袋用に活用するなら、プラスチック部分につけられる粘着式のシートフックが車内では便利です。シート式やガラスなどにしか使えない吸盤式よりも汎用性があるので、車内の設置しやすい場所につけることができます。ただし、一度設置してしまうと、取るときに跡が残ってしまうので中古などの下取りに出すときにデメリットになってしまうことがあるので注意してください。
粘着式のシートフックであれば、吸盤式よりも確実に耐久性があるので1キロ程度のものであれば、しっかりとした平面部分に設置するなら十分に設置することができます。ただし、あまり温度が変化する部分に設置している、真夏に太陽が直射する部分にあたる、などしてしまうと粘着性が落ちてしまうので、ある程度の期間しか使えない、ということを認識したうえで活用するようにしておくとよいでしょう。また、女性にとっては車内のデコレーションにうれしい、子猫やハートマークのようにフックがイメージでアレンジされたかわいいタイプのものも登場しているので、ぜひ用途に合わせて活用してみるとよいでしょう。価格は数百円でどこにでも設置できますし、上手に使えばフック設置後の跡も気にならない程度なので活用してみてください。

 

お出かけに便利になったグッズ

お出かけの際に、自動車をご利用するとき、カバンや傘などのいろいろな携帯品を持っていくことがあるでしょう。運転をしている時、その携帯品が車内を転がって煩わされた経験はどなたにでもあるのではないでしょうか。そんなときに便利なのが、カーシートフックです。カーシートフックは、車のシートに引っ掛けるだけで、カバンや傘などをつるせるようになる大変便利なカーグッズです。このカーシートフットを利用するだけで、ブレーキをかけたり、カーブを曲がったりしたときに、荷物が車内を転がるのを防ぐことができます。ただあまり重たい荷物をつるすと、落ちてしまったり、カーシートフックを破損させてしまったりする可能性があるので、ある程度重たい荷物を固定したい場合は、荷物を後部座席やトランク内に固定することができる、トランクネットと併せて利用しましょう。そうすれば、運転中に荷物が転がる心配がなくなり、買い物やレジャーなどへの行き帰りがより快適になります。運転中に荷物が転がることは、車内のものを破損させたり、運転への集中を妨げたりする原因になるので、カーシートフックなどの荷物を固定することができるカーグッズで固定することをお勧めします。