怪我の無い様に注意

| 未分類 |

 

gf0240073299l

 

 

シートフックなのですが、物によっては設置しているところに座ると痛い場合がありますので注意してください。まあ、痛いと言ってもフック部分が背中に当たるということになりますので、位置を移動したりフックを取り外したりすれば問題は解決することができるでしょう。しかし、その行動をしていないと相当座っている人は辛いので注意しましょう。シートフックによっては、座る人側にフックを取り付ける場合がありますね。この状態でそこに人が座ると肩や首当たりにそれが来て結構痛いでしょう。ただ、それがすぐに気がつかないということがありますので注意してください。特にそれに気が付かないでそのまま運転、運転のGで食い込むとかなり痛い場合があります。そのような状態で事故を起こすとさらなる被害がありますので、本当に注意をしてください。また、かなり発生確率は少ないですがネックレスなどにフックが引っかかり気づかないまま立ったり、シートからずり落ちたりすると非常に危険です。首吊りになる場合もありますし、場合によってはネックレスによって切断という恐ろしいことがありますので注意しましょう。故に、シートフックの取り扱いには注意をしてください。